「新世界カンファレンス」に参加します!!

パートナーとの理想の関係とは?5つのポイントと理想の状態にするための方法

StockSnapによるPixabayからの画像

私が世界に望むことは、すべてのカップルがお互いに尊敬し合い、愛し愛される関係になることです。

しかし現実は、パートナーとそのような理想の関係になっている人が少ない、と思われます。

どんな関係でいられたら理想の状態といえるのか、また、理想の関係になるためにはどうしたらいいのか、考えてみたいと思います。

「理想の関係」といえる5つのポイント

1.自分のやりたいことができる

「結婚すると、自分のやりたいことができなくなる。」「彼(彼女)ができると、好きなことができなくなる。」そんなことを聞いたことはないでしょうか?

あるいは、「奥さんがいるからできない。」「旦那さんが許してくれないだろうから、やれないと思う。」というのも見聞きしたことがあるかもしれません。

実際にそうでしょうか?

あなたの知っている人のなかで、結婚していたりパートナーがいたりしても、好きなことを好きなようにしている人はいませんか?

相手を心から尊敬していれば、相手のしたいことをさせてあげたい、と思うのが理想の関係!

自分のしたいことを我慢しなくてはならないのであれば、本当の理想の関係とは言えないです。

もし、パートナーがいることでできないと思っているのであれば、もしかして、できない言い訳に使っている可能性もあります。

本当にやりたいことなのか、やるべきなのに逃げたいのか、そのあたりをよく観察する必要があるかもしれません。

2.いつでもキスしたりハグしたりできる

おそらく情熱的だった頃は、ドキドキしながらも、キスしたりハグしたりしていたと思います。

しかし年月が経つにつれ、したくてもできないような雰囲気が出来上がっていませんか?

日本では子供が生まれると、「お父さん」「お母さん」の役割に徹してしまい、「男」と「女」である時間を持つことが少なくなります。

アメリカの映画のように「愛しているよ。」といいながら、チュッとキスをする。

そんなことが日常的にできたら素敵だと思いませんか?

もう長く夫婦やっているから、無理……。

そう思って諦めてもかまいません。もし、それでいいのなら。

あなたがそういう人生、つまり「自分が好きな人とキスできないでいる人生」でいいと思うなら、わざわざ今のの状態を変えなくていいです。

1.の「自分のしたいこと」というのは、もしかして「パートナーと愛を確かめること」な場合もあるかもしれません。

キスやハグすることで、相手が好き、というだけではなく、相手に大切にされている、という気持ちにもなれます。

照れている場合ではないです。

本当に欲しいのなら、それを素直に認めましょう。

理想の関係とは、女性だったら「女として大事に扱ってもらっている」と感じさせてくれる関係だと言えるでしょう。

男性でも同じです。自分の好きだという気持ちを行為として表せたら最高ですね。

3.自分の思っていること・考えていることを素直に伝えられる

日々一緒に暮らしていると、相手に対して、いろんな思いや感情があると思います。

「こうしてくれたらいいのに……。」「こんなことをやりたいんだけど、相手はどう思っているのだろう?」

頭で考えているだけでは、何も始まりません。

それを相手に伝えることから、物事は動き出します。

相手に遠慮してもうまくいかないし、できないことを相手のせいにしてしまうこともあります。

「私ね、こんなこと考えているんだ。」

それを相手に伝えることで、よりよい関係になることができます。

ときには、自分の思っていることを話すことで、相手と衝突する原因になるかもしれません。

でも伝えなければ、自分の中のモヤモヤはずっと続きます。

心の中で相手か自分を責めることになります。

話し合ってみれば、最善の策が見つかるかもしれません。

そのときにすぐに解決しない場合もあるでしょう。

しかし、思っていることを頭の中で繰り返しているだけでは、何も変わらないし、ストレスが溜まるばかりです。

自分の思っていること、考えていることを何でも言える関係、それが理想の関係と言えるでしょう

4.二人でいることが心地いい

長年夫婦生活をしていると、空気みたいな存在だ、というのを聞いたことがあるでしょう。

一緒にしても、楽で居られる

それが最高の関係だと思います。

ただ、居ても居なくても氣にならない、という状態は要注意です。

居ても居なくてもどっちでもいい、というのは、相手にたいしてリスペクトしてないような氣がするのは、私だけでしょうか?

「二人でいるからこそ、気持ちがいい。そして、一緒に居ないときも一緒にいるかのように、最強な自分でいられる。」

そのような感覚が最上級だと私は思っています。

一緒の部屋にいるだけで息が詰まる。そのような関係だとしたら、要注意ですね。

ちなみに、私の元の旦那さんはヘビースモーカーだったので、同じ部屋にいると文字通り息が詰まっていました。(笑)ま、昔の話です。

5.二人でいることで更に幸せになれると信じられる

それぞれが一人でやっても、成果が「1」ずつ。

でも二人でやれば、相乗効果で「2」でも「3」にもなります。

それが幸せにも当てはまるのだと私は考えます。

それぞれ個人が幸せになることも大事ですが、二人でいることでその幸せが2乗、3乗になると思うのです。

お互いを犠牲にするのではなく高め合う関係でいたとしたら、もっと幸せになるしかない、それしかないよね、と思うのですが、いかがでしょうか?

二人で暮らしていると、もっともっと幸せになっちゃう、と確信を持てれば最強です。

理想の関係になるための方法とは?

ここまで読んで、「いや、それは無理だわ」とか「うちじゃ、ありえないわ」と思いましたか?

それとも、「ぜひとも理想の関係になりたい」「そういう関係を築きたい!」と思ったでしょうか?

もし、パートナーと理想の関係になりたいと思ったら、実際にどんな関係なのか、具体的にイメージしてみましょう。

例えば、先程紹介した「いつでもキスできる関係」で考えてみましょう。

「私は旦那さんといつでもキスできる関係です。」

そう決めるのです。

それだけ。そうなると信じるだけです。

そうすると、直感的になにか頭に湧いてきます

例えば、「いきなりキスは難しいけど、帰ってきたら心を込めて、おかえりなさい、と言ってみよう。」かもしれないですし、「まずは、夜にマッサージしてあげよう。」かもしれません。

心の囁きに耳を傾けましょう

そして、それを実行しましょう

いきなりキスできる関係にはならないかもしれません。

でも、その願いはきっと叶えられます。

その第一歩を踏み出す事ができるのです。

願うことを躊躇してはいけません。

貪欲に、本当になりたい関係を願うのです。

できたら、紙に書き出しましょう

私の場合は、「自分のことをまるごと受け止めてくれる人」と紙に書いたら、その10日後に今のパートナーが現れました。

出逢って、3年半になりますが「そのままの人」だと今も思います。

どうせなら自分の最上級の願いを書きましょう。

自分にはこの程度の願いでいいです、なんて遠慮しなくていいです。

宇宙はあなたの願いを叶えてくれます。

図々しくお願いしましょう。

そして、そのあとにでてきたインスピレーションに従って行動しましょう

こんなことしても意味がない、とか、願いとは全く関係なさそうなことだぞ?と思ってもやってみることが重要です。

やってみると、後で「なるほどそういうことだったのか!」と解ります。

ぜひ、トライしてみてください。

最後に、年をとってからも理想の関係なら、こんな感じ!という写真を一枚ご紹介します。

(これはあくまで私の勝手なイメージです。)

pasja1000によるPixabayからの画像

まとめ

一度きりの人生をあなたはどう生きますか?

せっかくならパートナーと理想の関係を築いて、ハッピーに暮らしたいと思いませんか?

これらの理想の関係を思い描くとき、その気持ちの根底にあるのがエゴなのか(自分のわがままを貫き通したいだけなのか)、それとも愛の精神なのか、というのが大事になります。

自分も幸せになりたいし、パートナーにも幸せを実感してもらいたい、というのがベースにあれば、自分の最高の願い、最高の関係を築けるでしょう。

誰に遠慮することはありません。

ぜひ、パートナーと最高の関係を築いてください。

もし、「そうは言っても何をしたらいいかわからない。」という方がいたら、一緒に「Love Communication Dance」始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

アバター
大内 美由紀ヒーリング・ライター
「すべての人がやりたいことを一緒にやれる世界。それは誰からも見下されない世界。」そういう世界を私は創っていきます。 文章を紡ぐことを軸に生きていきます。 19歳から47歳まで統合失調症で向精神薬を飲んできましたが、人生それではうまく行かないと薬を卒業しました。 そうしたら、最愛の人生のパートナーと出逢えました。 彼とは、社交ダンスのカップルでもあります。 これから、過去の私のように自分を見下していることが原因で精神的な病気になる人をゼロにしたい。それをミッションとして、生きていきます。 応援よろしくお願いします。