モリンガを販売し始めてから感じること

今日も読んでくださるあなたに感謝します♥

今年5月からモリンガ茶を販売し始めました。

少しづつですが、買ってくださる方がいらっしゃいます。

その中で気がついたことを書いてみようと思います。

年配の方があっさり買ってくれる

お会いした方に、モリンガ茶のお話をすることが多いです。

世間的に認知度の低いお茶なので、知ってほしいという

願いを込めてお話するのです。

ちょっと話を聞いただけ、または試飲をしただけで

「じゃあ、買うわ!」

というのは年配の方が多いです。

健康に気遣う年代だからなのかな、と最初は思ったのですが、

そこには深い世代的な背景があるのではないかなと

思います。

1。お茶を飲む習慣がある

まずこれは一番簡単に思いつくことですね。

若い人の家には急須やティーポットが無いところもあると思います。

コーヒーは急須がなくても淹れられますし、冷たいものは

ペットボトルを買ってくる家庭も多いと思います。

最初の無料サンプルを飲んでいただいた中にも

ティーバッグがいいよ、という声もありました。

それなら、急須が不要ですから。

現在、住所のわかる知人友人親戚に、私がモリンガを販売しているのを

知ってもらえるようにサンプルとパンフレットを送っていますが、

それは飲みやすいように簡易な形のティーパッグに入れて順次送っています。

しかし、モリンガは飲むだけではなく、その出がらしを料理などに使ってほしい

食品です。飲んだだけでは吸収しきれない栄養がたくさん残っているからです。

ティーパッグだとついそのまま捨てたくなります。

一度ティーパッグにするという商品化も考えましたが、自分の理念に

合わないので見送りました。

急須やティーポットに淹れて食後やティータイムに飲む。

緑茶や紅茶、他のハーブティーもいいけど、

ノンカフェインで栄養たっぷりのモリンガを飲むという

選択肢もいいのではないでしょうか?

 

2。手間を惜しまない世代

今の年配の方の幼い頃は、食べるのは食材のみで売られていて

買ってきてそのまま食べる、温めるだけで食べられる、

ほんのちょっとの時間ですぐに出来上がるような食べ物は

少なかったと思います。

手間をかけて料理を作るのが当たり前な世代の方には

飲んだ後のお茶がらを料理に使うことで栄養が摂れる、ということは

とても理にかなっているというか、すんなりと納得してもらえる

理論のようです。

私自身、昔は料理が苦手だったし、とても面倒なことでした。

でも、糖質制限して栄養の勉強をして、さらに料理の楽しさを

知ってしまうと、そんなに簡単に栄養が摂れるものなら、

どんな料理にも入れちゃいたい、と思えるようになりました。

食べることは生きること

だから、モリンガじゃなくてもいいんです。

ぜひ、きちんと栄養のあるものを意識して食べていただきたいです。

(あれ?モリンガの宣伝のためのブログじゃ無いの?笑)

 

今はみんなが忙しい時代

 

お友達で同業者の方が催事で出店した時のことを教えてくれました。

デパートなどで開催されている「〇〇物産展」にいらっしゃるお客様は

その場でパッと見ていいなと思うものを購入していきます。

その友達が言うのには、

お茶よりパウダー、それより手軽に栄養摂取できるサプリの方が

売れる、と言うのです。

今、世の中の人はみんな忙しいです。

1日の大半はお仕事だったり、女性なら家事や育児もしなければ

なりません。とても時間に追われていると思うのです。

そうすると、ゆっくりと食事を作っている暇なんてない、

お茶をのんびり飲んでる暇もない、という生活を送っている方も

多いと思うのです。

そうすると、お茶っぱより気軽に栄養を摂取できるパウダーの方が

楽だろうし、さらにサプリで飲めばもっと楽でしょ?という

発想に繋がっていくんだと思います。

当店でもパウダーは汎用性が広いし、手軽だということで

ただいま商品化に向けての準備を始めています。

ただ、サプリにすることはありません。

モリンガに添加物を入れない限り(はっきり言えば、不純物を混入しない限り)

お客様が納得できる値段設定にはできないと思うのです。

当店で扱っているモリンガは良いものだし、決して安いものではないので。

(もちろん、超高級サプリメントを作るのはできると思います!)

あとは、なるべく自然の形で摂ってもらいたい、という

願いがあるんですよね。その方が自然の恵みに感謝しやすい、というか。

大地と太陽にありがとう、って言いやすい、というか。

ちょっと私のポリシーみたいなものなんですけどね。

 

脱線していきましたが、忙しい人にこそ、ほんのちょっとの手間をかけて

この栄養あるモリンガを飲んでいただきたいです。

エナジードリンクやドリンク剤など、大量のカフェイン摂取は自分の体に

鞭打っているようなものですよ。

たっぷりの糖分も入っていますし、体に悪いものです。

皆さんにご自分の体を優しくいたわってもらいたいです。

軽視されることほど重要だったりする

今はちょっとお腹が空けば、コンビニやスーパーで

すぐに食べられるものが手に入ります。

菓子パンや、惣菜パン、お惣菜、加工食品、冷凍食品、カップ麺など

あっさり食べられるものが溢れています。

お菓子なども山ほど売っていて、それらを食べると

とても脳が満足しますよね。

(それらはほとんど糖質が含まれているからです)

また、保存が効くものは多くの添加物が含まれています。

簡単に口に入るものほど、不自然な形になり、

本来人間の体に不要なものが含まれているのです。

少し前に添加物について書いたので、こちらをご覧ください。

先ほどの話と重複しますが、気ぜわしかったり、

他にやるべきことが多すぎると食べることは軽視されがちです。

そうすると時間をかけて料理することが少なくなると思うのです。

 

私も三食きちんと作っているわけではありません。

外食もするし、適当な食事の時もあります。

しかし、ただ温めればいいだけの冷凍食品やカップ麺は

もう2年以上いや、それ以上食べていないと思います。

先日久しぶりにベーコンを買おうかと思いましたが、

裏の表示を見て添加物の多さにドン引きして買えませんでした。

 

私自身睡眠の質が悪く、疲れが取れにくい体質です。

だからせめて食べるものだけでも気をつけないと

もっと体調が悪くなるのです。

実際に糖質制限していなかった時は、もっともっと

体調悪かったし、今以上に疲労感満載でした。

(それから栄養の勉強をして、ストレスの少ない環境を

チョイスしたら、随分良くなりました!)

そして、ずっとモリンガを飲んできました。

 

もちろん、モリンガを飲んだだけで激変することは

ないかもしれません。

でもモニター様から、痩せた!とか

お通じの出が良くなった!と声を聞けば、

ああ、モリンガに関わってよかったなと心から思うのです。

たかがお茶かもしれないけど

そんな栄養のことなんて考えている暇ないよ、

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、人の体は口から入れたものでできています。

難しいことはわからなくてもいいと思うのです。

せめて一日一杯カフェインや甘いジュース

清涼飲料水をモリンガに変えてみる、

それがほんのちょっとでも自分の体を

慈しんでいることにつながると思うのです。

パウダー販売までは茶葉のみなので、

飲むのは正直面倒かと思います。

そのちょっとの手間を

「おお!自分のことを大事にしているぞ!」と

認識する時間、考えていただければいいなと

思います。

AricoIrisのモリンガ茶

健康というのは数日の食事で出来上がるものではありません。

一年数年、または何十年という食生活が影響していると

思うのです。

どれが栄養があるかなんて考えて食材選びを考えるのが面倒な

方にもモリンガをお勧めします。

何しろ90種類もの栄養素が含まれているのですから!

興味がある方はポチッと購入していただけると嬉しいです。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Nutritional Consultant 荒井美由紀です。人は食べるもので出来ています。食べるもので健康になったり、精神的に安定したりします。私自身はダイエットも成功し、病気を栄養で改善してきました。現在48歳47キロ体脂肪率18%。ケトジェニックダイエットアドバイザー。「栄養で人生を変えよう!」がモットー。愛する人と愛犬と暮らしています。