友人の結婚パーティーでダンスデモするということ

今日も読んでくださるあなたに感謝します♥

先日、大切な友人カップルの結婚パーティーがありました。

そこで私たちがダンスを披露させていただきました!

そのことについて詳しくお伝えしたいと思います。

ダンスのしない友人に自分が踊るのを見てもらいたい

私が「社交ダンスしてるんだ!」と話すと

「見てみたい!」と言ってくれる友人知人がいます。

しかし、実際に競技会やダンスパーティーに

来てもらうのは、日程が合わなかったり、

費用の面も問題になったりします。

ダンスは個人的に楽しむものだ、と

考える方もいらっしゃると思いますが、

私は一人でも多くの方にダンスの楽しさを知って

欲しいと思うので、一度でも良いから

実際に踊っているのを見てもらいたいなと

思っています。

大好きな友人の結婚パーティー

大人になると頻繁には会えないけど、

大事に思う友人、という存在があると思います。

今回の結婚される二人はまさしくそんな

私の大事な友人カップルでした。

もちろん、参列するだけでも楽しいのですが、

私がダンスすることで、パーティーが

盛り上がったら嬉しいなという気持ちがあって、

踊らせて欲しい、というオファーをしました。

お二人とも快諾してくれて嬉しかったです。

リーダーの理解に感謝

踊ることになったと言っても、

社交ダンスはカップルで踊るもの。

リーダーが気持ちよく踊ってくれなければ、

私も楽しく踊れません。

私が友人のパーティーで踊りたいと言った時に

すぐに「良いよ」と言ってくれました。

細かい説明をすることなく、私のやりたいことを

一緒にしてくれる彼に感謝しています。

2曲をセレクト

最初に選んだのは、ダイアナロスとライオネルリッチーの

「Endress Love」でした。

彼が、過去の国際大会でこの曲を使っているのを

YouTubeで観てから気になっていたそうです。

結婚パーティーで「永遠の愛」を踊るのは良いなと

思いました。

ホテルパーティーのデモの時のように、

その曲に合わせて一曲を振り付けるだけの

時間的余裕がなかったので、

競技用のルーティーンで踊ることにしました。

それはとても短いので、1分半程度しかありません。

歌詞の2番まで踊ることにして、2周弱という感じでした。

せっかくのパーティで一曲しか踊らないのは

寂しいなと思い、もう一曲用意しました。

それは、「100万回のI Love you」

原曲は「RAKE」という男性の方の曲ですが、

今回はYouTube上でカバーしている女性の

声で踊らせていただきました。

こちらはとても元気の良い曲で、

つい笑顔になってしまいます。

この曲も彼が探してくれた曲で

私たち二人が大好きな曲です。

こちらもキレの良いところで1分半に編集しました。

同じく競技用ルーティーンで2周目に入って半分くらいまで

でした。

当日のリハーサル

会場に到着して、音響の方にCDを渡してリハーサル。

普段踊るときは、木の床材のフロアで踊ります。

大理石のような床は初めてだったので、どうかなと

思いましたが、問題なかったです。

(まあ、膝には負担があると思いますが、踊りづらくはなかったです)

普段踊る時のようなスペースがないと想像していたので、

曲を選ぶ時に、ルンバとチャチャチャにしました。

私たちカップルは一番サンバが好きなのですが、

サンバは広い場所が必要なので、スペース的に難しいと

思って、踊る候補から外していました。

会場を見て、やっぱりここではサンバは踊れなかったな、

と思いました。

音響の係の方が、とても良いですね、と絶賛してくださり、

本番で踊るのにだんだんとワクワクしてきました!

そしてパーティーで

そして、パーティーが始まりました。

進行表をもらっていなかったので、ちょっと準備に

慌てた部分もありましたが、踊る本番前には

少しずつ自分の中で盛り上がってきました。

テーブルが端っこだったこともあり、

席を離れて、ストレッチしたり軽く動いたりすることが

できました。

新郎新婦は、とても輝いていて、キラキラとした雰囲気で

パーティーは進んでいきました。

ちょっと緊張感が高まってきた時に出番がきました。

踊り出しの時は、

「ちょっと待って、まだ心の準備が!」なんて思ったのですが、

踊り始めたら、とてもすんなりと踊れました。

彼の顔を見ながら踊ったら、とても気持ちよく

踊れたのです。

以前、競技会出るために組んでいたリーダーとは

こういう感情にはならなかったですね。

心から楽しんで踊れました。

踊ってから・・・

参列者のメンバーは知っている方が多くて

(元々糖質制限関係の仲間ばかりのパーティーだったので)

踊り終わってから、「すごく良かったです」「素敵な踊りだったよ」

とたくさんの方にメッセージいただきました。

あまり知らない方からも声をかけてもらえて

ものすごく嬉しかったです。

素敵なパーティーに華を添えられたかな?と思います。

いろんな方の声を聴いて

普段、テレビでしか見ない社交ダンスを見ることができて良かった、

という言葉に対しては、観てもらえて本当に良かったと

思います。

少しでも興味を持ってもらわなければ、ダンスは普及していかないので。

しかし、社交ダンスは難しいもの、とも思われてしまっただろうな、

とも思います。すごいよね、でも私にはできないな〜という意見も

ちらほら聞かれました。

今のテレビの影響で社交ダンスはすごい人たちがするもの、というイメージが

定着してしまったんだと思います。

昔のウリナリ芸能人社交ダンス部のように全くの素人が頑張ってレッスンして

踊るのを見ると、あ〜、私もできるかも?という気になると思います。

(当時ダンス人口が増えたようですし、私もいつかやってみたいな、と

思っていました)

できたら、テレビなどの影響力の大きいメディアでは

社交ダンスは誰でも始められるもの

として取り扱ってもらえたら嬉しいなと思います。

 

それから親しい友人から、「エロかった!」と

言われました。

なんでだろう?と考えてみました。

日本人は結婚式のような時には、二人のラブラブ感を

みなさんに見てもらうことになりますが、普段、二人の仲良しぶりを

公の場でアピールすることってないですよね。

友達同士の会話でもパートナーのことが大好きでたまならい、

なんて惚気る人は少数派だと思うのです。

まあ、それは日本人はそういう気持ちを人に控えめに表現するのが

良いとされる風潮があるんだと思います。

しかし、社交ダンス、特に今回披露したラテンダンスは

気持ちを思い切り表現するダンスです。

元々私たち二人は、気持ちがラテン系というか

お互いを遠慮なく褒めあったり気持ちを素直に

伝え合うようにしています。

だから、ダンスにおいても、その気持ちがそのまま出てしまうんだと

思います。

ダンスというのは非日常なものなのかもしれませんが、

日々の感情、思いをそのダンスに込めることによって、

彼に対して気持ちを伝えたいと思っているんですね、きっと。

 

 

 

音楽に合わせてお互いの手を取り合って、体を動かす。

言葉では伝えられない感情を伝えたり共有したりできる

コミュニケーションの一つです。

そういうことを私は世の中に広めていけたらいいなと

思っています。

 

最後にこの時の動画をアップします。

良かったらご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Nutritional Consultant 荒井美由紀です。人は食べるもので出来ています。食べるもので健康になったり、精神的に安定したりします。私自身はダイエットも成功し、病気を栄養で改善してきました。現在48歳47キロ体脂肪率18%。ケトジェニックダイエットアドバイザー。「栄養で人生を変えよう!」がモットー。愛する人と愛犬と暮らしています。