骨はカルシウムで出来ている???

読んでくださるあなたに感謝します♥

 

さて、昨日の投稿で牛乳を飲んでいても骨密度は高いです。

というコメントをいただきましした。

なので、ちょっと骨についてお伝えしようと

思います。

人間の細胞って何で出来ていますか?

体の70%は水分ですが、次に多いのはタンパク質です。

そう、細胞はタンパク質でできています。

詳しくいうなら、骨や靭帯や表皮などはコラーゲンという

タンパク質の一種です。

そのコラーゲンにリン酸カルシウムというものが

ペタペタと貼り付いています。

だから、骨を丈夫にする働きは「カルシウム」ですが、

骨を成長させるのは「タンパク質(コラーゲン)」です。

そして、昨日出てきた「マグネシウム」は骨を定着するのにも

使われます。

やはり非常に大事なミネラルなのです。

 

ちなみに、近年骨密度が高くても骨折するケースが

あるそうです。

それは、

骨強度=骨密度+骨質

という考えに基づくと納得です。

だから、骨質を高めるためにはタンパク質の摂取が

不可欠なのです。

コラーゲンのサプリメントなどもありますが、

私は他の栄養素もたくさん摂るためにお肉やお魚を

食べることをお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Nutritional Consultant 荒井美由紀です。人は食べるもので出来ています。食べるもので健康になったり、精神的に安定したりします。私自身はダイエットも成功し、病気を栄養で改善してきました。現在48歳47キロ体脂肪率18%。ケトジェニックダイエットアドバイザー。「栄養で人生を変えよう!」がモットー。愛する人と愛犬と暮らしています。