小さな頃のように夢を持ちませんか?

私はメンターという言葉がなんとなく気恥ずかしくて、

いつもビジネスの師匠という言葉を使っています。
今は、ビジネスの師匠は二人居ます。

しばらくは師匠は二人居てはいけないのでは?

と思っていたのですが、周りの話を聞いてると

メンターを複数持っている人は多いみたいです。

 

よく小さな成功体験をたくさんしなさい、という話しがあります。

わたしはそのために小さな努力をする必要があると思っていたのです。

でも、違うみたい。。。
もともと当たり前にやることも、直近のゴールだと考える。
例えば朝起きて顔を洗うのが難しい人は少ないと思う。

(まぁ、忙しくて顔を洗わないで家を出る人も、たまには居るかもしれないけど。。。)
それを次の日のゴールと考えれば、明日に確実に一つのゴールを達成することが出来る。
そうするとでゴールするのが当たり前、という感覚が生まれる。
そうすればシメたもので、ちょっとクリアするのが難しいゴールも

クリア出来るのが当たり前、と思えるようになる。

それまでだったら、絶対に無理!と思っていたことも、

長期的に考えれば、出来るんだ!と思える思考に変わっていけるんじゃないかな?

 

私達は自分には出来ないと思っていることがたくさんある。

ダイエットに成功させたいけど、無理だろう、とか、
これからも今までと同じ暮らししかできないだろう、とか、
素敵な彼氏(または彼女)は出来ないだろう、とか。

でも、それは誰もやってはいけない、とは言ってないんだよね。

変えられないよ、と誰も言っていない。叶わないよ、とも言われてない。

「いや、周りからそう言われてるから」とか、

「無理だ、お前には出来っこないよ、変えられないよ。」

って言われるんだ、という声も聞こえてきそうです。
でも、人から言われたからって、

そうか!そうなのか!と納得していませんか?

 

実は。。。
自分で自分は出来ないと決めてるだけ。

 

そうじゃないよね?
実は出来るかもしれない。

 

小さい頃、将来に向かって夢がたくさんあったと思う。
それを大人になったからといって諦めてしまっているよね。
なんで?誰がやってはいけないって言ってるの?
実は自分で出来ないと思ってるだけなんじゃないの?

 

私は死ぬまでまだまだ人生長いから、果敢にチャレンジしていきたい。

だって、無限の可能性があるんだから。

 

なーんてことを最近気がつきました!!

 

今日は大事な人の誕生日。
その人にも無限の可能性があることを肌で感じてもらえたら、

嬉しいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Nutritional Consultant 荒井美由紀です。人は食べるもので出来ています。食べるもので健康になったり、精神的に安定したりします。私自身はダイエットも成功し、病気を栄養で改善してきました。現在48歳47キロ体脂肪率18%。ケトジェニックダイエットアドバイザー。「栄養で人生を変えよう!」がモットー。愛する人と愛犬と暮らしています。