人間の賞味期限を決める?終末糖化産物の正体とは?

今日も読んでくださるあなたに感謝です♥

 

さて、いきなりですが、終末糖化産物、という言葉を

ご存知でしょうか?

なにやら怪しいおどろおどろしい雰囲気のある言葉です。

アルファベットではAGEまたは、 AGEsと言います。

見た目は年齢より老けて見える人っていますよね。

肌に元気が無くて、くすんだ感じの人。

そういう方は  AGEを溜め込んで老化を促進しています。

このAGEは体内で作られる老化物質のことです。強い毒性と持ちます。

具体的にいうと

「タンパク質と糖が加熱されてできた物質のことです。」

 

AGEは二つの方法で作られます。

①体内で作られる〜血中のブドウ糖が過剰になって溢れ出し、

細胞内にあるタンパク質と結びついて、体熱で熱せられて「糖化」

されてAGEができるのです。

②食べ物から体内に入る〜肉やバターという食品にも入っているが

卵白に砂糖で加熱するとAGEが200倍になるそうです。

(ほとんどのスイーツってこうやって作られていますよね。。。)

この加熱だけでもAGEが発生するのですが、電子レンジの電磁波は

やばいらしいです。かなりのAGEが発生するようです。

具体的にいうと、ホットケーキやクッキーの表面は茶色ですよね。

あれが酸化で生まれた褐色の固いもの。それがAGEです。

食べても消化されたりしますが、約7%は体内に残るそうです。

 

こう考えると、なるべくAGEのものは食べない。

体内で作らないように、過剰に糖質を摂らない。

気をつけないと、体はどんどんAGEを溜め込んで、

肌や髪の毛の老化を促進させるだけではないです。

血管に溜まれば動脈硬化にもなるし、腎臓に溜まれば、

濾過フィルターの機能が低下して尿タンパクが出たりします。

また、目だとドライアイ、白内障などの病気も AGEが

引き起こしているのです。

もちろん、ブドウ糖が過剰になっているのですから、

糖尿病には多大なる影響を与えます。

合併症を引き起こす原因にもなります。

あとは、アルツハイマー病にも関連性があることが

指摘されています。

 

ああ!あと、喫煙している方はさらに注意が必要です。

AGEが増えます。そして、副流煙でも AGEは増えますので

ご注意を!!!

 

これだけ病気になる元凶でもあるAGE。

なんだか心配になってきますよね。

このAGEは計測が可能です。

http://www.age-sokutei.jp/measure/

私もいつか計測しに行こうと思っています!

 

このAGEとの付き合い方によって、人間の賞味期限も

変わるのでは?と思っています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Nutritional Consultant 荒井美由紀です。人は食べるもので出来ています。食べるもので健康になったり、精神的に安定したりします。私自身はダイエットも成功し、病気を栄養で改善してきました。現在48歳47キロ体脂肪率18%。ケトジェニックダイエットアドバイザー。「栄養で人生を変えよう!」がモットー。愛する人と愛犬と暮らしています。