筋肉落とさず脂肪を落とせ!

今日も読んでくださる
あなたに感謝します♥

さて、ダイエットするとき、
体重を気にする方は多いですよね。
また、最近は、体脂肪率も
気にする方も多くなってきたと思います。

昔は体脂肪率、なんて言葉がなくて。
高校時代、陸上やってたときに
腹筋が割れていたのですが、
その頃の体脂肪率は何パーセント
だったのかな?と未だに知りたいです。

さて、
体重も減り、体脂肪率も減れば、
痩せれるのが分かりますが、
体重が減って体脂肪率が変わら
なかったり、体重が減って体脂肪
率が少し増えていたりすると、結局
どんだけ痩せたのか、分からない
ですよね。

その目安となるのは、
「除脂肪体重」

体重から脂肪の量を引いたものです。

体重×体脂肪率=脂肪量

体重-脂肪量=除脂肪体重

もし、お時間ある方は是非ご自分が
どのくらいのなのか、やってみてください。

ちなみに、私46キロ体脂肪率17%だと
脂肪量は7.8キロ。
これを46から引くと、38.2キロ。

例えば60キロ35%の人だと
脂肪量は21キロ。
これを60から引くと39キロ。

意外と除脂肪体重って人によって
変わらない感じですよね。

基礎代謝ってご存知ですか?
寝ていたり安静にしているときも、
体が燃焼しているエネルギーの量
ですよね。

筋肉は体を動かすために必要なもの
ですが、安静にしているときの、
筋肉が多いほうが基礎代謝量も多いです。

なので、脂肪は落としても筋肉は
落としたくないですよね。
除脂肪体重は、筋肉や骨などの
重さなので、これを減らさない
ことが重要です。

サラダなどだけでダイエット
すると、体重は減りますが、
筋肉まで落ちます。

そうすると基礎代謝まで落ちて
、痩せにくい体に変わっていきます。
リバウンドしてからまたダイエット
するときに苦労するのです。

また、としを取ると痩せにくくなる、
というのも、若い頃より、脂肪は
増えても筋肉が落ちてきている
からだと思います。

脂肪を落として筋肉は落とさない
ようにする、というのが、
ダイエットするためにとても
重要なのことです!!

そのためにも、除脂肪体重は
必ずチェックすることをお勧めします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Nutritional Consultant 荒井美由紀です。人は食べるもので出来ています。食べるもので健康になったり、精神的に安定したりします。私自身はダイエットも成功し、病気を栄養で改善してきました。現在48歳47キロ体脂肪率18%。ケトジェニックダイエットアドバイザー。「栄養で人生を変えよう!」がモットー。愛する人と愛犬と暮らしています。