当たり前を疑ってみる!

今日も読んでくださるあなたに感謝します♥

さて、突然ですが、
ご飯食べると眠くなったりしますか?

特にお昼ご飯食べた後って眠いと
思ったことないですか?

ご飯のあとの、授業や研修会、会議なんて
最悪ですよね。

学校では眠くならないように、体育にしたり、
美術や音楽といった机に向かわない授業を
中心にしたり。。。

でも、食事全部が眠くなるのでしょうかのでしょうか?

答えは。。。
食事全般が犯人はないです。

真犯人は、
炭水化物!!!

炭水化物を食べると血糖値が上がります。
上がったものは。。。。下がります。

下がったときに、ぽわーんと眠くなるのです。

昔から炭水化物は主食と言われて、
必ず食べるように親からも学校からも
言われてきました。

ご飯食べないと力が出ないでしょ?

よく言われませんでしたか?

あと、一口ご飯食べなさい、ともね。

でも、それを食べるから眠くなるんですよ。

他にもいろんな弊害があります。

なかなか痩せられなかったり、
病気の元だったり。

でも、小さい頃から言われてきたことって、
頭に刷り込まれていますよね。

それが本当に正しいことなのかどうか、
疑ってみることも大事じゃないかな?
と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Nutritional Consultant 荒井美由紀です。人は食べるもので出来ています。食べるもので健康になったり、精神的に安定したりします。私自身はダイエットも成功し、病気を栄養で改善してきました。現在48歳47キロ体脂肪率18%。ケトジェニックダイエットアドバイザー。「栄養で人生を変えよう!」がモットー。愛する人と愛犬と暮らしています。